薄毛を予防しよう

薄毛を予防しよう

たいていの人は、毛の薄さで悩んでいる人とは中高年の男の人だけだと思っているようです。

 

しかし実際には、男性女性を問わず、若年層にも薄毛で悩んでいる人が増えているようです。

 

髪の毛がどんどん抜けて量が減り、地肌が見えてくるようになると薄毛と呼ばれます。

 

髪にはヘアサイクルと呼ばれる一生の流れがあり

それぞれ成長期、後退期、休止期といいます。

 

違いはありますが、大体2年〜7年が一般的なヘアサイクルで、薄毛を考える上では重要です。

 

髪が長く伸び続ける期間は、成長期と呼ばれる期間の中においてです。

 

成長期が短くなると、髪が生えてから抜け落ちるまでの時間が短くなってしまうので

頭髪の総量が減少します。

 

頭皮が見えるようになるのは、成長期が短いと短期間で髪が抜けるためです。

 

薄毛の対策は、やっておいて損はありません。

 

近ごろ髪のかさが減ってきたような気がしている人や、家族や親類に薄毛がいるために

気にかかっていた人は、対策に取りかかってはどうでしょう。

 

薄毛は、新しい毛が生えにくくなったことと今の毛が抜けることによるので

抜け毛量が増している人は要警戒です。

 

まだ薄毛の域とまで至っておらずとも

地肌がかゆい気がする人は薄毛予防を考えるべきです。

 

薄毛を予防するには、まず、自分の髪の状態を知ることが必要で

できるだけ早く薄毛予防をするようにした方がより効果があります。