体をケアしよう

フェイシャルエステでの注意点

エステサロンでフェイシャルエステを受ける際に注意すべことがあります。

 

それは、今だに過剰なセールスをするエステサロンが存在するということです。

 

ローンを組ませてまても、強引に高い美容品や器具を買わせようとするエステが

存在しないわけではありません。

 

キッパリとNOと言える自信がない人もいるかもしれませんが

そういう人が無料体験を経験に行くことは危険かもしれません。

 

強引かさりげないかの差はあるかもしれませんが

勧誘自体はほぼ確実になされるでしょう。

 

つまり、そういう展開が待ち受けていると思った上でエステを受けに行くべきなのです。

 

気が進まなかったのに、断りきれずにフェイシャルエステの契約をしてしまった

という時もあるでしょう。

 

日本にはクーリングオフという制度がありますので、これを利用して

契約を取り消すことができます。

 

この制度は、定められた期間内でなら、割賦販売や訪問販売の契約取り消しが

可能だというものです。

 

クーリングオフ期間は8日間で、書面によって契約を取り交わした日から起算します。

 

エステサロンとの契約で困ったことになった時、相談相手がいないことがあるでしょう。

 

そんな時は、消費者生活センターに相談すると大丈夫です。

 

専門の相談員を消費者生活センターでは抱えており、消費者からの様々な

相談ごとに乗ってくれます。

 

もちろん、エステ商品やフェイシャルエステに関わるトラブルなどにも

対応してくれています。

 

求めに応じて問題解決の突破口を見つけてくれるでしょう。

フェイシャルエステの上手な利用方法

エステサロンでフェイシャルコースを使う際には

どのエステに行くにしろ下調べが肝心です。

 

コース内容や費用、支払い方法などを確認しましょう。

 

快適なフェイシャルエステを施してもらうためにも、疑問点は

つぶして問題のないようにしておきましょう。

 

フェイシャルエステとは、お肌が乾燥した時に利用するものでもなく

お肌にトラブルがある人が利用するものでもありません。

 

全身マッサージより、フェイシャルエステの方が癒し効果などがある場合もあります。

 

見方によってはフェイシャルエステはサプリメントの一種、それも即効性のあるものです。

 

触り心地のいいガウンに着替え、穏やかな気分になってベッドに横になるところから

フェイシャルサロンのエステサービスは開始されることでしょう。

 

快適な照明とBGM、熟練したエステティシャンのハンドテクニック。

 

ゆっくりと深い眠りに誘われることもあるでしょう。快適な眠りから目覚めると

フェイシャルエステが仕上がり見違えたような素肌に触れることができます。

 

そのような様子が脳裏に描けるだけでも、大変魅力的といえます。

 

それぞれのエステサロンが、趣向を凝らしたフェイシャルエステを用意しています。

 

上手にフェイシャルエステを利用するためには、サロンの施術内容が自分のニーズに

合っているか等を確認しましょう。