顔の毛穴の黒ずみ原因

顔の毛穴の黒ずみ原因

顔の毛穴は黒ずむと意外に目立ってくるので、どうしても気になって嫌なものです。

 

それでは顔の毛穴黒ずみは、何が原因で起きるのでしょうか。

 

毛穴の黒ずみの原因は毛穴を詰まらせる角栓が原因です。

 

では角栓はどうしてできるかというと、顔の毛穴から分泌する皮脂と

古い角質混ざってできる塊なのです。

 

分泌された皮脂は、もともと皮膚の外へ流れ出し、皮脂膜によって自然に

保湿パックをするものなのです。

 

けれども顔の毛穴のまわりに古い角質が残っている場合

外に出ようとする皮脂と混ざって毛穴が詰まるというわけです。

 

角栓ができやすい皮脂毛穴は、普通の毛穴の4倍くらい皮脂分泌量があるため

一度角栓を作るとどんどん角栓が大きくカチカチに固まりだします。

 

時間が経つと古くなった角質層がさらに毛穴の中に落ちるため

角栓は大きくなる一方なのです。

 

このような角栓と皮膚が酸化することによって黒く変色すると

顔の毛穴の黒ずみとなるのです。

 

このような顔の毛穴の黒ずみを作らないために、皮脂が分泌されすぎないようにし

皮膚の表面をいつもきれいにしておくと、角栓ができないですみます。

 

角栓ができてしまった場合は、角栓を押し出して洗顔により顔を清潔にして

できるだけ顔の毛穴を早めにケアしましょう。

 

そうすることで早期に顔の毛穴の黒ずみを解消することができるでしょう。

毛穴の黒ずみ関連エントリー