カリウムサプリメントは摂取量に注意しよう

カリウムサプリメントは摂取量に注意しよう

カリウムをサプリメントで摂りすぎると、さまざまな悪影響が出ます。

サプリメントに限ったことではありませんが、カリウムを摂取しすぎると高カリウム血症を起こす危険性があるため、摂りすぎには注意が必要です。

高カリウム血症とは、腎臓の機能によって排泄されるべきカリウムが、腎臓の機能低下によって、うまく排泄されず、血液中のカリウム濃度が異常に上昇することで起こる症状です。

悪心、嘔吐、脱力感など高カリウム血症は、様々な症状を引き起こしますが、中には不整脈のように命に関わる症状を引き起こすこともあるようです。

特に、腎機能があまり良くない人については、サプリメントだけでなく食品からもカリウムを過剰摂取しないように注意すべきです。

糖尿病もカリウム不足が指摘されることがあります。

中には、カリウムのサプリメントを糖尿病を予防するために使っていることもあると聞きます。

しかし糖尿病になってしまった場合には、カリウムサプリメントの摂取量には注意が必要で、場合によってはカリウムサプリメントの摂り入れは止めた方が良いこともあるようです。

糖尿病には合併症がつきものですが、三大合併症とまで言われている糖尿病腎症になると腎機能が著しく低下します。

腎機能が著しく低下していればカリウムの排出もうまくいかないため、カリウムの摂り過ぎは危険なのです。

サプリメントは薬ではありませんが、その影響力には大きなものがあります。

サプリメントから栄養素を摂取する際には、摂取量などをきちんと把握しておく必要があります。

カテゴリ: カリウム


カリウム不足にはカリウムサプリメント »
« βグルカンのサプリメントの選び方とは