ヒアルロン酸の記事一覧

ヒアルロン酸サプリメントの注意点

販売されているサプリメントの数は膨大ですが、中でもヒアルロン酸サプリメントの種類は群を抜いています。

そのため、ヒアルロン酸のサプリメントを選ぶ時には注意が必要になります。

例えば、ヒアルロン酸を主に含むサプリメントでも、コラーゲンなどその他の成分を入れているものもあります。

なんのためにヒアルロン酸のサプリメントを摂り入れるのかをよく考えて選ぶ必要があります。

サプリメントは薬ではありませんので、ヒアルロン酸を飲めば関節や肌の不調が治療されるというわけではありません。

これはヒアルロン酸のサプリメントに限らず全てのサプリメントに言えることです。

偏った食生活などで不足しがちな栄養成分がある時、サプリメントを使うという食品の補助的役割を果たすためのものです。

サプリメントを扱う時は、体に足りていない栄養素が何かを把握し、サプリメントの含有成分を見極めた上で適正に用いてください。

食品に分類されてはいますが、サプリメントの体への効果は軽視し得ないものがあります。

現状において、医者から処方された塗り薬や飲み薬を使っていないのであれば、用法用量を守った使い方をしていれば大丈夫です。

しかし、薬を使っている場合は思わぬ副作用を引き起こす可能性も考えられます。

薬を使っている場合は、医師に相談してからヒアルロン酸サプリメントを摂り入れるようにしましょう。

カテゴリ: ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメント

コラーゲンとヒアルロン酸を1度に摂取できるサプリメントを使っている人が多いようです。

体内で似た作用を及ぼすコラーゲンとヒアルロン酸は、それぞれのでき方がかなり違います。

コラーゲンはタンパク質の一種で、ヒアルロン酸はグリコサミノグリカンというムコ多糖類です。

保水力が強いことがヒアルロン酸の特色です。

豊富な水分をたっぷり含んでいる物質であり、1gあれば6リットルもの水分をキープすることができるといいます。

お肌のうるおいをキープする作用があるのは、このためです。

残念ながら、コラーゲンもヒアルロン酸も、年を取るごとに少しずつ失われていきます。

十分なヒアルロン酸を含む肌はつやと潤いを持ち、そしてコラーゲンを含んでいることで古い肌の下から新しい肌が産まれます。

しみやそばかすの軽減にも、皮膚の新陳代謝を促すためにも、サプリメントでコラーゲンを取り入れましょう。

弾力のある潤い豊かな肌になるためには、コラーゲンに加えてヒアルロン酸を肌に補ってあげる必要があります。

美肌にはヒアルロン酸とコラーゲンの両方のサプリメントを上手に摂り入れることが大切になっているようです。

この他にも関節痛の痛みで運動をする気が起きなくなったという人などは、コラーゲンやヒアルロン酸不足かもしれません。

ヒアルロン酸やサプリメントが配合されているサプリメントなら、これらの問題解決の糸口になるかもしれません。

カテゴリ: ヒアルロン酸

ヒアルロン酸をサプリメントで補う

ヒアルロン酸のサプリメントはテレビコマーシャルや雑誌、広告など、多くの場所で耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。

誰の体でもヒアルロン酸は存在しており、主に関節や皮膚や脳にあります。

そして、生まれたての頃が、ヒアルロン酸が体内に一番多くあるという頃です。

個人差はありますが、特に20歳代を過ぎ始めるとヒアルロン酸の減少も激しくなり、50歳代になると20歳代ごろのおよそ半分の量しかない状態になるとも言われています。

減った分を何らかの形で補うべく、ヒアルロン酸サプリメントが必要となるわけです。

若い頃はヒアルロン酸をたくさん含んでおり何の問題も発生していなかった部分でも、ヒアルロン酸が失われると変調が現れます。

例えば肌の場合、ヒアルロン酸の減少により水分を失いカサカサになり、関節の場合、関節の衝撃を和らげていたヒアルロン酸の減少により関節痛を発症したりするのです。

ヒアルロン酸の減りゆく様子を傍観するばかりでは、体の不調は治せません。

ヒアルロン酸の多い食品を意識して毎日の食卓に並べることができれば一番いいのかもしれませんが、毎日毎日実行するには、なかなかハードルが高いようです。

サプリメントは、そういった時に役立ちます。

足りない分を補うことは、サプリメントを使えば簡単です。

錠剤などのサプリメントはカバンに入れて簡単に持ち歩けますので、好きなタイミングで摂取が可能です。

カテゴリ: ヒアルロン酸