妊娠中にはビタミンCやカルシウムのサプリメントを取り入れよう

妊娠中にはビタミンCやカルシウムのサプリメントを取り入れよう

サプリメントでビタミンCやカルシウムを取り入れることは、特に妊娠中には大きな意味があります。

ビタミンCは普段の時も妊娠中も大事ですが、特に妊娠中はビタミンC不足での活性酸素の増加は問題なので、対策が必要です。

妊娠中でも、中期以降に入ると早産リスクが上がりますので、ビタミンCの重要性が増します。

ストレスによる身体不調の改善のためにも、抗酸化作用の強いビタミンCが欠かせません。

水溶性ビタミンであるビタミンCは洗うと溶けて流れてしまい、加熱でも壊れてしまうので、コンスタントにとり続けることが難しい栄養素です。

そこで天然のビタミンCであるローズヒップのサプリメントならビタミンCの効率的な摂取に役立ちます。

サプリメントの他にもローズヒップのハーブティーで妊娠中の母体と胎児をリラックスさせてあげましょう。

妊娠中は、カルシウムサプリメントも効果的です。

成人の体内には体重の約2%前後のカルシウムがあり、そのほとんどは骨や歯などの成分として使われています。

そのカルシウムで体のカルシウムの状態を調整しているため、少しでもカルシウムが少ない状態になると骨粗しょう症になりやすくなるのです。

年を取ってからなるという印象が骨粗しょう症にはありますが、小さい頃の偏食が原因でなることもあります。

妊娠中のカルシウム摂取は重要ですので、食事やサプリメントで十分摂ってください。

カテゴリ: 妊娠中


栄養素が不足する妊娠中のサプリメント »
« ダイエットサプリメントとは