日本のサプリメント口コミ事情

日本のサプリメント口コミ事情

日本はアメリカのようなサプリメント大国になるのでしょうか。

サプリメントの販売者と利用者の間で問題が起きたことは少なくありませんが、その傾向は2つに分かれています。

きちんとした知識で使わなかったためにサプリメントを飲み過ぎていたり、有害な服用方法をそれと気づかずしてしまったりということが起こりえるようです。

もう片方は、サプリメントの製造側の問題です。

宣伝の文章に紛らわしい内容があったり、商品の解説や効能書き、注記に中途半端や問題があり、そのためにサプリメント使用に不都合が生じた場合です。

日本でサプリメントは医薬品の様な国の厳格な基準が無く、製品の優劣はすべてメーカーのモラルに委ねられています。

日本のサプリメント市場では、製造側からの情報公開が欧米諸国の域には達していないようです。

そういった事情もあり、購買側が正しくない理由でサプリメントを扱っていることもあります。

日本の消費者は、サプリメントの誇大広告や口コミでサプリメントを利用している人が多いというのが現状です。

アメリカでは日本に比べて、消費者の健康に対する意識が高いため、メーカー側のモラルも自然に高くなり、広告やサプリメントの口コミのレベルも高くなっています。

サプリメントに関してはアメリカは先進国で、口コミ情報も質がいいのはそれなりの背景が存在しているからです。

サプリメントの品質を上げ、情報の質を引き上げるためには、エンドユーザー側がサプリメントで健康維持をするという認識を明確に持つことによって、製造会社の道徳意識を引き上げていくことです。

口コミの情報を表層的に眺めて鵜呑みにするのではなく、基本的な知識を身につけてサプリメントのことを理解しましょう。

カテゴリ: 口コミ


アメリカのサプリメント口コミ事情 »
« サプリメント口コミの信用性(信頼性)